遺品整理の高まる需要

社会問題・東日本大震災による遺品整理の需要の高まり

時代を映す遺品整理

遺品整理の高まる需要

社会問題となっている高齢化・核家族化・孤独死などの増加に伴い、遺品整理業は需要が高まってきています。

これらの社会問題のほかに、2011年に起きた東日本大震災にて、仮設住宅での被災者の孤独死が目立つようになってきている。

今回の震災は、以前起こった阪神大震災の規模を大幅に超え、原子力発電所などの問題もあり、被災地の復旧が思うように進まず、現在に至るまで仮説住宅での生活を余儀なくされている人達が大勢いる。

この東日本大震災が起きたことにより、今まで住んでいた周囲の関係が失われ、深刻な孤立状態に陥り孤独死問題がますます悪化する事態となっている。

このような事態を受け、孤立状態の高齢者が亡くなった場合、遺品整理を専門業者に依頼するケースがとても増えてきている。

様々な問題により、ますます需要が高まり遺品整理業者も増加する一方で、遺品の不法投棄や違法な処分を行う業者、遺族への高額請求をする業者などの悪徳業者も増えており、きちんとした知識・技術を持った遺品整理業者の存在が必要とされている。

その中で、「遺品整理士認定協会」という一般社団法人は、遺品整理業への理解と認知をすすめ、遺品整理の業務に関する法令規制に応じた実務実現のため、遺品整理の専門家育成に取り組むことを理念とし、遺品整理士の認定に力を入れている。

< 関連サイト・リンク >
社団法人全日本冠婚葬祭互助協会

Copyright (C) pfeifferpfilmsandmegmovies.com. All Rights Reserved.

時代を映す遺品整理